組織分析の導入理由

今日も暑い! 

昨日は、組織分析の依頼があったクライアントへ実施要領と効果について

説明をしてきたのですが、すでに企画提案書は担当責任者から経営者へ

プレゼンされており、ご注文を頂戴しました。(ありがとうございます)




このクライアント(大手メーカーの販社グループ)と担当責任者とは、数年来の

お取引があるのですが、非常にクレバーな方で、本社に戻られては、各販社

に請われて、系列会社に出向し組織や事業の建て直しを繰り返されている

方です。




先日のコーチングのプロ講師の記事でも、述べたとおりやはり光っているいる

人の人柄というものは何か違います。

人とは違うやり方や自分に自信とその裏付をキチンと持っている人は、廻りの

人たちを惹きつける人間的魅力のようなものを感じます。

もし、自分がまだ組織の成員として勤務するなら、このような上司の下で働いて

みたいと、合うたびに思います。♪





そして今日も組織分析と研修のご依頼が1件。

こちらも大手メーカーの独立系協力会社(プログラム開発等)さんです。

協力会社といっても組織規模も大きく、売り上げもとてつもなく高いものをお持

ちです。




2年ほど前から、若手社員・中堅社員の研修を受け持っているのですが、今回

中堅以上と幹部社員の研修実施に伴い、人材特性分析の実施を決断されました。

昨日の企業は、内部統制をベースにした組織の強化策で戦略上の分析を実施

し、今日の企業は、組織成員の自立型人材力の強化を図ることで組織能力の

向上に繋げ、会社を強くしていこうというものです。




その為の改革フローの中で、弊社を評価して頂けるのは、大変光栄なことで

より一層頑張れねばと強く思います。!

人事系コンサルティング会社としてのやりがいを感じます。(感謝)




  ↓ 今日届いた本 読む時間がとれませんが・・・・(いつも楽天で購入します)
画像




PS:先生方体に気を付けて下さいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック