厳しい階層別研修

今日は、顧問先で上級管理職や社歴の長い社員を対象にした階層別研修

をしました。

創業期から貢献してきた社員達ですので、その経験やノウハウは組織の

財産と言えます。



しかし、財産はもっているだけでは組織力として意味をなしません。

積み上げてきた保有能力を如何に発揮していくかが、組織とその成員の

大きな課題であり、期待するところでもあります。




社員研修は、階層が上に行くほどシビアで、グレーではなく、希望的展望でも

なく、厳しい現実を直視しながら進めていきます。

彼らの背中を見て、社会人として、組織人として成長していく若い社員達に対

しての責任を自覚してもらうためです。



研修が終了したのが夜遅くですが、死ぬ気で働いた創業期のパワーを取り戻す

ために、時として今の自分と過去の自分を客観的に振り返る機会が必要だと考

えます。


 ↓ 夜遅い仕事の帰りは、誘惑が多い博多の街です。♪
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック