ミドル階層の社員研修

昨日は、社員研修を実施してきました。

階層的に言うと、組織内でちょうどミドルのレンジにあたる層の社員達です。

会社の強さは、「組織能力の高さ」で決まると思いますが、その組織能力を

中心的役割で発揮させるのが、ミドル層の社員である考えています。



小規模な企業であれば、ボトムアップ・ボトムダウンが理想ですが、ある程度

の組織規模や支店・支社などが多い企業は、ミドルアップ・ミドルダウンの機能

が一番です。



今日は、その階層の研修です。

強力なリーダーシップ発揮している上級社員がいる企業をみると、その殆んど

の社員達は、ミドル層の滞留時に死ぬほど(一生懸命)働いていたと思います。



もちろん会社が全てではないですが、人生の半分以上を占める職業人生の

中で、今の経験は将来絶対ウソはつかないと私は思います。

研修中篤くなり、思わず激を飛ばしてしまいました。(汗)



その後、事業継承等の組織課題を討議し、会議が終了したのが、午前0時半

企業の先行きを左右する問題ですので、先延ばしも出来ませんし、玉ぐし的

な処理もできません。真剣な意見交換をしてきました。

 ↓ 常に振り返り、確認しながら進めていくスタイルの研修です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック