福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人材育成系研修依頼の悩み

<<   作成日時 : 2010/02/25 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日福岡で、春一番が吹きました。

一昨日から超暑がりな私的体感温度は、正確に気温を反映していたらしく

今日の福岡は、昨日に続き23℃まで上がりました。

TVニュースでは、初夏の陽気と言っていましたが、私的には盛夏一歩手前

です。(苦笑)



弊社では、人材育成等に係る研修部門も事業の大きな柱の一つです。

一般的な階層別研修から組織立て直しや人事コンサルのプロセスの中で

絶対不可避な仕組みなのですが、問題は単体の研修依頼があったときに

依頼されたメニューだけ実施しても持続的な効果が期待出来ないという事

です。




人材・組織系の研修は、反復研修が必須なのです。

これは、人材育成の基本で人事・研修部門あるいは経営幹部なら誰でも

知っている事なのですが、以外と単発的な依頼が多いのが現状です。





反復研修をすると言う事は、その企業の人材育成体系や教育研修プランが

どのような位置づけで機能しているのかが重要になってきます。

人材育成の体系付けを検証していけば、必ずその企業の経営方針や組織

体系まで関与したくなります。




ところが多くは、経営方針や経営計画に基づいた明確な人材育成体系など

考えたことが無く、その時々に必要と感じた研修メニューを実施しようとします。

これでは行事化した研修となり、受ける従業員達の目的・目標がぶれてしまい

さらには、忙しい時に研修など・・という意識の低下が発生し、マイナスからの

研修スタートとなる場合も少なくありません。




研修を実施すれば本来は必ず研修効果の測定をすべきなんですが、単体で

実施する研修は、その企業の教育体系の中での測定が出来ない為、とりあ

えあずタメになったか、おもしろかったか等のアンケート調査で終了する事が

多いのです。




そのあたりまで依頼企業と詰めて行くと、大方はそこまで深堀しなくてもいい

とか人材育成の体系がなかったり、教育フローも未構築であたっりして、基礎

工事抜きで家を補修しているような研修に落ち着いてしまいます。



一所懸命説明するのですが、どうしても事が大きくなってしまいますので、重要

な事はわかっていても大きな回り道ができない企業の実情が打ち合わせの中

で見え隠れします。

研修を専門にやっている会社は、その辺り割りきって受託しているのでしょうね。

↓このいも焼酎は高価なものらしいです。焼酎が高価なんて不思議ですね。
画像

画像




新入社員研修に成功する100のツボ
楽天ブックス
坂川山輝夫太陽出版(文京区)この著者の新着メールを登録する発行年月:2006年09月登録情報サイズ:

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

media5 新勝ち組 新人研修編
メディアファイブ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人材育成系研修依頼の悩み 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる