福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人材育成に対する私の本音

<<   作成日時 : 2010/06/07 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、教育研修ゲーム関連の本を数冊ななめ読みしました。

弊社に来る、研修依頼や相談のある企業の要望の一つに、グループワーク

等参加型の研修依頼が多くあります。



ゲーム形式のワークは、比較的中堅若手社員や新入社員に対して実施する

事が多いのですが、最近は中堅以上の古株社員に対しても実施して欲しい

との声も聞きます。



中堅以上は、どうしても講義形式が中心で、グループワークの中心は実践的

な事例研究や理解促進討議法を取り入れるのが多いのではないでしょうか。

講義法にしても討議法や事例研究にしても、受講者のやらされてる感を完全

解消するのは難しいかもしれません。



どんなに盛り上がっても、研修中(短時間研修を除く)の息抜きは必要です。

そういう意味では、教育研修ゲームは、研修の息抜きやコミュニケーションの

促進にも役立ちますので、上位職の方々にも実施効果は高いものがあると

思います



優しすぎるゲームは、しらけ感が生じる恐れがありますが、部下指導等の

ノウハウ取得を前提としてスタートすると、楽しみながら学びも生まれます。

もっとも実施する講師の力量にもよりますが。



私の中で、一番の教育・育成方法は、古い手法でありますが、OJTにまさる

物は無いと思っています。

私は、OJTは人間や動物の親が自分の子供を育てて行く自然の技法が基本

だと思っています。



言って聞かせての山本五十六の言葉がありますが、要は体験型、体で覚え

ていくスタイルです。

親がわが子に教育していくのは本物の愛情があるから、育つのに時間が

係っても辛抱強く教え続ける事ができるのでしょう。



人材育成の立場が強い私の時は、企業も同じように本物の愛情があれば

辛抱強く教える事ができ、自社にとって必要な人材が育つと考えます。

しかし、コンサルの立場が強い私の時は、終身雇用が前提で、1社で自分

の職業人生を完結させるという全社員の価値観が統合されていて、人材育成

に予算を潤沢に割けることができ、さらに信頼される上司と経営陣がOJT計画

を立案実行できなければOJTは、OJTという名の単なる労働をさせているだけ

で、これを人材育成と呼べば呼ぶほど、社内の熱意は下がってくると考えます。

↓ 昨日、東京でゲットした品 ♪
画像









新入社員研修に成功する100のツボ
楽天ブックス
坂川山輝夫太陽出版(文京区)この著者の新着メールを登録する発行年月:2006年09月登録情報サイズ:

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

media5 新勝ち組 新人研修編
メディアファイブ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

すぐできるすぐ効く 新選教育研修ゲーム
楽天ブックス
田中久夫日本経団連出版この著者の新着メールを登録する発行年月:2003年11月登録情報サイズ:単行本

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人材育成に対する私の本音 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる