福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 研修体系のポイントを見極める

<<   作成日時 : 2010/09/14 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝晩が少しずつ過ごしやすくなってきましたが、私はダマされない!

だって日中軽く30℃超えですからね!!

って、やっぱり汗をかきかきクライアント先へ訪問する私です。(苦笑)




今日は、午後一提携先のベンダーさんの営業マンと同行です。

訪問したクライアントは、組織的な課題として顧客対応力の向上が急務の

様です。





職務領域で窓口対応する職員へのスキルアップは当然ですが、第一線で

対応しなければならない職員達を指揮監督する職層への教育に着目して

いるのは、クライアント・担当者の目の付け所が素晴らしいです。



個々人に対する人材育成は一般的な研修メニューで当面のスキルアップ

や不安の解消、業務への自信をつける事ができます。

しかし、当然の事ですが研修効果の持続性を考えると、組織としてはやはり

研修機会を設けたからと言って、高い安心感を得ることはできません。



課題を抱えている組織の人材育成や教育体系(あるのが前提ですが・・)

を客観視し俯瞰していくと、研修を集中的に実施し、効果のポイントや組織的

に注力する職層がみえてきたりします。

つまり、組織内の落しどころのようなものです。




研修は絨毯爆撃的に全社員に実施するのも効果がありますが、少ない教育

投資で最大の効果を得ようとすると、その落しどころを見つけるのが一番で

あったりします。




今日の訪問先は、その意味で自分達の組織内の落しどころ・ポイントが明確

で課題の見立てがしっかりしているクライアントでした。


↓こんなキャラクターがいたのね♪(サイバンインコ)
画像





研修のための私たちが理解するロータリーの組織
楽天ブックス
商品副データ国際ロータリー第2750地区川尻政輝/坂本俊雄(1934ー)揺籃社この著者の新着メールを

楽天市場 by 研修のための私たちが理解するロータリーの組織 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

よくわかる立体組織学
学際企画
渡 仲三

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by よくわかる立体組織学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
研修体系のポイントを見極める 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる