福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡市立特別支援学校(軽度知的障害者)で、職業授業を実施してきました。1029

<<   作成日時 : 2012/10/29 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、朝から秋晴れの清々しい1日でした。

最も何時もの事ながら、出勤時の早足で地下鉄の中では一人で大汗を

かいている私です。(笑)

この時期は空調がクーラーにならないので、ファットで汗かきな私的には

辛い季節でもあります。



今日は、弊社が担当させて頂いている軽度の知的障害者が通う福岡市立

の特別支援学校「博多高等学園」の3年生に対する職業教育の授業日

でした。



今がまさに就職活動真っ只中の3年生ですが、本日の授業は2年生時から

3年生の今まで受けてきた職業教育授業の仕上げを実施しました。

多少贔屓目かもしれませんが、健常者の高校生より元気で誠実に授業に

取り組んでいました。




健常者の高校生によくみられる、シャイになったり、恥ずかしさの裏返し

か、非参加型の姿勢で折角の機会を無駄にする事など全くなく、全ての

作業に、一生懸命に取り組む彼らなのです。




実際、多くの企業の人事担当者や面接官からも生徒達の就職試験や

面接に臨む姿勢は高く評価されています。

しかしながら、健常者の高校生と比べると入社後、組織人としての

能力発揮度合いはどうしても差が出てしまいます。



厳しい事ではありますが、面接時の評価での期待値と違いが生じる事も

少なくないと考えます。

生徒達を採用して頂く企業には、この現実を採用計画の中で是非

折り込んで頂きたいのです。



ですが、障害者の組織の中での戦力可は難しいのか、というとそう言う事

は全くないのも事実です。

時には、普通の社員より高い能力を発揮することもありますし、硬直化した

組織が彼らを鎹に活性化する事も珍しくありません。

何れにしても、採用する側もされる側も幾つかの課題を乗り越えて行く必要

がある採用なのです。



来月からは2年生の授業が始まります。

漸く弊社も、障害者への職業教育やキャリア教育に自信が持てるように

なってきた気がします。

我々が、自信と誇りを持って元気に取り組む事がこの授業には欠かせない

エッセンスなのかもしれません。

↓ 教える側も学びを貰える授業なのかもしれません。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡市立特別支援学校(軽度知的障害者)で、職業授業を実施してきました。1029 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる