福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 管理職へのロイヤリティ醸成の機会

<<   作成日時 : 2013/05/27 10:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、朝から曇天でそろそろ梅雨入り間近かの雰囲気

の天気です。

気温は、昨日より気持ち低めですが、それでも初夏の気温である

事は変わりません(汗)



先週末に管理職研修を実施してきました。

なかなか難しい組織風土を持ったクライアントですが、実施前に経営層

と組織能力の現状について、かなり突っ込んだやり取りをしたのです。



経営層は、特に管理職層にヤル気と率先垂範意識の喚起を期待して

いて、経営的な足ふみ状態の現状を打破してもらいたいと考えています

しかしながら、当然常にフルスロットルで仕事をし続けるのは、難しいもの

があります。



もともと有用な能力を持った管理職が集まる組織でしたが、経営陣が

気に病むような現状になったのは、決して社員達のモチベーションや能力

の問題だけではないと感じます。



そのあたりの経営責任を確認して臨んだ研修です。

経営陣としては、なんとなく今まで目をつぶっていた自分達側の問題を

あえて指摘されたので、研修に参加されなくても結構な気づきがあった

と思います。



経営陣には、度胸を決めてもらっていますので、管理職にも突っ込んだ

機会を持つ事が出来たと考えます。

組織能力を考える時、会社黎明期や創業時に多大な貢献をしてくれた

現管理職が、いつまでも同じような貢献を続けてくれるかどうかは

解りません。



厳しい事ですが、過去評価が高かった人材が、会社が大きく変革しよう

とする時に、足を引っ張る存在になっていることもあります。

私など、変わらなければならない時に、変化を認められない、あるいは

ブレーキをかけ続ける成員は、組織には居てもらっては困る人だと思う

のです。



もちろん、そういう存在を排除するのではなく、過去とは違う新しい

ベクトルへ持っていく機会の一つとして、研修の意義があったりします。

研修の最後に、経営者に自分の思いや考えを手紙にしてもらい、それを

代読させて頂きました。



自社に対するロイヤリティや自分自身のキャリア感、職位に期待され

ている責任感等々、経営者の気持ちなど、自分の思いを寄せるきっかけに

なったようでした。

↓ 率先垂範は経営陣が一番体現しないといけないのだと思うのです。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
管理職へのロイヤリティ醸成の機会 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる