福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学院の研究者からのインタビュー

<<   作成日時 : 2013/12/05 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、昨日同様に晴れで気温高めの小春日和な

1日でした。

布団を干したくなるような天気が続きます。♪




今日は、東京の大学の大学院で企業の能力を中心に障害者に

関する研究をされている研究者の方々が東京からインタビューに

こられました。




先日の記事でも紹介したように、私も多少は関わりがありますので

知っていることや自分なりの考えや取り組んでいる事をお話しさせて

頂きました。




実務と学術とではどうしても多少の開きがあって当たり前なのですが

ベクトルは同じですので、彼等の様な切り口も世の中を正しい方へ

動かす、或は正しく動かす大きな力になります。

是非とも頑張って欲しいと思います。




障害者雇用を経営の目線で学術的に表すと、組織内マクロ労働生産性

と組織内ミクロ労働生産性になるわけですが、私はそれを総称して

組織能力として理解しています。




個人の力を組織全体の力の転換させるのが、経営の永遠の課題です

が、少なからず障害者がその鎹の様な役割を果たす事があります。

しかしながら、企業すべてがその方程式を活用して障害者を経営資源

として雇用することができるかというと、非常に難しいとも感じています。




安易な雇用が、双方にとってリスクになることも事実です。

そのあたりをヘッジするためにリスクを回避するのではなく、別の方法

を考えるべきであり、それこそ経営者と従業員全員が知恵を絞ること

なのだとも思います。




よく言われる事ですが、出来ない事を考えるのではなく、出来る事を

考える。

しかも、いきなり高いハードルを目指すのではなく、ベストよりベター

から始める事も企業にとって必要な姿勢なのかもしれません。

その為には、企業が度胸を決めた自助努力を支える支援機関の

存在と保護者や教育機関の力を合わせたネットワークが不可欠

なのです。

↓彼らの様な篤い思いを持った方々が増えるときっと何かが始まります。
画像




【1000円以上送料無料】社会経済組織論 社会的協力はいかに可能か 社会経営科学プログラム/坂井素思【RCP】
オンライン書店 BOOKFAN
著者坂井素思(著)出版社放送大学教育振興会発行年月2010年03月ISBN9784595139390

楽天市場 by 【1000円以上送料無料】社会経済組織論 社会的協力はいかに可能か 社会経営科学プログラム/坂井素思【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大学院の研究者からのインタビュー 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる