福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 理化学研究所をみて思う事(まぁ、組織論ですなw)

<<   作成日時 : 2014/04/09 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、巷のワイドショーで毎日取り上げられている理化学研究所の

小保方さんの姿を久しぶりに見ました。

ニュースを見るたびに、なんかやるせない気分になります。



思いっきり文系な私は、彼女が関わっている研究の科学的・医学的

な成果とか進捗など理解の外なのですが、すくなくても世紀の

大発見らしいので、紆余曲折はあったとしても本当であれば

いいのになと思うのです。




私の仕事柄、組織論などよく接しますが、彼女と彼女の所属する

組織との関係は、まぁ今まで目をつぶっていた組織の本音を浮彫

にした感じがしますね。




組織や会社は最終的にはいち社員を守らない、最後は組織防衛

に走るのは、悲しいかな建て前のような本音でもあります。

以前、知り合いの会社が業績悪化で雇用調整をしなければならなく

なった時、誰かを切るより全員の給与を下げて雇用を守る決断を

しました。




いわゆる社員全員が組織を、組織が社員を守る策ですが、しばらく

すると優秀な社員達がその守ろうとした組織を辞めていきました。

その社員達の言い分は、組織に貢献もせず、どちらかというと

お荷物的な人たちをなぜ自分の給与を下げてまで守る必要が

あるのかということらしいです。



結局その会社は貢献度や労働生産性が低く、しかもロイヤリティ

など無い人材が多く残り、別会社に吸収合併されて消滅会社と

なってしまいました。



当然、合併後は消滅会社側の社員達の多くはリストラされて

ノウハウと市場だけを取られた状況で終わってしまいました。

プロジェクトXの様な美談にはならなかったわけです。




会社の業績がよくて、たとえ貢献度が低くても同じ価値観の

もとで労苦を共にする意識と覚悟が共有されていれば、別の

道も開けるかもしれませんが、建て前と本音の中間でバランス

をとる組織(現実と理想かもしれません)の最終判断は

理化学研究所のような判断を下す場合が多いのかもしれませんね




まぁ、科学者のみならず世間知らずの自分達の村だけの

価値観で働く職業の方々の組織は、時として世間常識

とは大きく違う反応を示す時がありますからね・・・・・・

考えさせらる出来事です。

↓ 取りあえず今日は切ないですな〜
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
理化学研究所をみて思う事(まぁ、組織論ですなw) 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる