福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育委員会・発達教育センターの専門委員の第1回会合に参加してきました。

<<   作成日時 : 2014/05/19 19:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

今日の福岡は、日差しがともて強い晴れの天気の1日でした。

気温は26℃前後でしたが、それ以上の暑さを感じる厳しさ

です。



今日は、今年度も外部有識者専門員として拝命している

福岡市教育委員会・発達教育センター幹事会の今年度の

第1回会合に参加してきました。

http://blog.hr-agent.com/201404/article_12.html



委員は殆どが昨年度から引き続きの役目のようですが

新しく任命された方々もおり、活動が多方面に広がるとともに

沢山の知恵と経験が集まる幹事会となってきました。




昨年度の活動や実績報告から今年度の事業案など共有

すべき内容を確認したあと、産官学それぞれの立場から

協議に入ります。




その協議がかなり厳しく、内容が深く、目の前の課題だけに

止まらず、本質的かつ構造的な問題など常に頭の回転を

最高レベルで維持する必要のある会議です。



この幹事会の会合から生じる各事業が障がい者の人生を

大きく変えることになり、また企業の事業能力や仕組も大きく変え

世の中の価値観も変える事になるんだという気持ちで参加して

きました。

↓ 時間が足りないくらいの濃い内容の会議です。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
佐藤さんは依頼された案件(講演、研修、各種コンサルティング等)に関してはいつも手を抜かず、周到な準備と頭の回転を最高レベルで維持して臨まれるから依頼する側も安心且つ信頼出来るのではないでしょうか?今後もそれぞれの案件に関して依頼者側が自分たちで結論を結び付けて自分たちでPDCAサイクルを回すことが出来るようにその突破口をアドバイスするだけで十分だと思います。依頼心の強いClientには突破口のアドバイスだけで済ませたいのですが、Clientということ自体が日本語では依頼者、顧客であるわけですから依頼心が強くても仕方がないんですかね!?(校長先生:佐藤社長の応援団長)

校長先生
2014/05/19 20:43
コメントありがとうございます。コンサルタントは後ろに控えて適切なアドバイスをするという基本姿勢があります。(時にはぐいぐい牽引することもありますが)コンサルティングはいずれ契約が完了しコンサルタントが関与しなくなりますので、クライアントの自助努力で事後の様々な課題を自己解決していける力を醸成するという課題解決以外の使命があります。ですから最良の判断を提供しますが、決して決断を下す事はありません。決断はクライアントの責務だからです。(この関与姿勢を歪曲されて否定的に理解されている人もいるようです)ごくまれに責任回避(他責)の為にコンサルを導入するというクライアントもなくはないです。しかしいずれにしてもクライアントが自立するためには関与するコンサルタントの篤い姿勢がクライアントを真に能動的にコンサルを活用できるのだと私などは思ったりします。
未だになかなか難しい事であると自省する修行の身ではありますが(笑)
コメントありがとうございます。
2014/05/19 23:32
おっしゃる通りですね!ありがとうございました。
校長先生
2014/05/20 20:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
教育委員会・発達教育センターの専門委員の第1回会合に参加してきました。 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる