福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中学校の職業体験実習について思う事

<<   作成日時 : 2014/09/12 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、曇りがちながらここ最近の東日本や北日本の様な

大雨の天候とはほど遠い良い天気が続いております。

気温は30℃を下回りましたが、湿度が高い為にその恩恵が全く

感じられません。(汗)

ファットで汗かきな私は、汗が止まりません。(苦笑)




今日は、先日も実施した中学校でのマナーに特化した職業教育の

授業を弊社のプロ講師が実施してきてくれました。

最近、仕事の関係上、お昼ご飯を頂くのが県内各地の食堂での

機会が多いのですが、いくつかの食堂やレストランで中学生の

職場体験実習に出くわす事があります。

今が丁度その時期なのでしょう。




文科省の指導で中学校のキャリア教育プログラムの看板として

職場体験実習があり、2年生あたりから実施しているようです。

まぁ、彼らも一生懸命に出来ることをやっているわけですが、もとより

お店の戦力になるはずもなく、お店と利用客の理解と協力の上で

仕事の大変さ、大人との関わりなど貴重な学びの機会を得ている

わけです。




その中で、少し気になった事は、なんの準備もせずに体験実習に

出ている可能性もあるように思える事もあります。

客とあいさつができない、生徒達だけで群れる、与えられた仕事や

サービスの意味が理解できていないなど、まぁ、暖かく見守るしか

ない感じです。




そんな中、現在一校だけ(学校長の判断)弊社が外部授業に

関わっている中学校は職場実習に臨む前に、大人に対する最低限の

マナーや常識や心の準備を生徒達にさせています。




しかも、この中学校は1年生〜3年生全学年に対して、弊社の教育

プログラムを活用して頂いているのです。

実習の該当学年だけの実施でないのは、学校側の認識度の深さに

よるものだと思っています。




実習する側の生徒達への不安感の払しょくにもなりますし、なにより

挨拶ができるという最低限の事がきちんと履行できるのは、忙しい

中、中学生の人生勉強の為に受け入れの協力をしてくれている

企業や事業所への配慮にもなります。




そういう本当に意味での教育姿勢を持った学校側の判断には私も

やはり共感するのです。

但し、中学校や高等学校には外部の専門支援を受けるための予算

もなければ、ネットワークや戦略もありません。




実際のところ、弊社の関わりも学校長や教育行政との個人的な

つながりからスタートしています。

そしてなにより、民間企業の利益性など考えるとまさにボランティア

意外のなにもでもないのが現状です。




行政に予算の使い処、使い方を考えてもらえれば、この中学校が

目指しているものが、多くの中学校に伝播できるのではないかと

思うのです。

↓最近オフィスにいることが無いくらい忙しいです。
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中学校の職業体験実習について思う事 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる