福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 特別支援学校生徒による技能発表会と企業と教職員の交流会のご案内 (再掲)

<<   作成日時 : 2015/09/20 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新たなセミナーのお知らせです。

私が外部の専門委員として関わっている福岡市教育委員会

と福岡県、県教育委員会や労働局主催の新たなセミナーが

11月に開催されます。



10月1日のセミナーとは内容が違い、福岡の特別支援学校数校

が弊社も職業教育授業計画で関わっている博多高等学園を会場

に障がいを持った高校生達が培ってきた専門技能の紹介がメイン

となります。

従ってセミナー参加対象者は「企業」になります。



もちろん障がいのレベルや技能練度にもよりますが、最近では

企業内での業務切り出し以外の作業でも期待値以上の能力と

成長を見せ、特例子会社の中にはグループの一般企業に転籍

させる所もあるくらいです。



また、ルーチンワークに関しては健常者より高い生産性と能力を

見せ、人事考課など一般社員より高い評価を得る事もあるそう

です。



そして、ルーチンワークは業種にもよりますが、多くの企業で

存在している業務です。

業務効率や生産性、組織内キャリアコントロールの面など我々

コンサルタントの目線では、ルーチンワークのような支援型業務

は決まった業務フローや作業手順の中で、何も特別な事を

求めているのではなく、決まった手順を間違いなく手順通り

進める事に重きをおいています。



その支援業務が事業成果の中で大きく貢献する条件は、

決まった手順を決まった通りするだけでなく、抜群に上手に

出来る事であり、そこが企業間格差の一条件でもあります。

その点で、障がい者の能力は向いていると言えると考える

のです。



実際県内の企業でも、全国の会社でも企業収益に貢献して

いる事例はたくさんあります。

もちろんいろいろな課題もあるのは事実ですが、採用する側の

企業には、事さら弱みやリスクばかりに着目するのではなく

強みやチャンスへの転換などにも、気付きを持って欲しいと

思うのです。



社会的弱者に対する福祉という目線も、もちろん大切ですが

戦力化できる人材としての見方や考え方も重要だと考えるのです。

そんなきっかけとなるようなセミナーを、福岡は次々にうち出して

います。

↓詳細はチラシをご覧ください。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特別支援学校生徒による技能発表会と企業と教職員の交流会のご案内 (再掲) 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる