福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新入社員研修から思うこと

<<   作成日時 : 2016/03/22 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、終日晴天の春らしい天気の1日でした。

気温も20℃近くまで上がり太陽光も強く、ファットで汗かきで

暑さ湿度に弱い私的には、天気に反して気分も体感温度も

どんよりです。(苦笑)



もう季節は後戻りできませんので、あとは花冷えを期待する

だけです。(笑)

それにしてもこの冬は雪が続かず不甲斐ない冬でした。

次は頑張ってほしいものです。(苦笑)



今日は、今月から来月に集中する新入社員や若手社員向け

の研修の整理に集中しました。

それぞれ専門のプロ講師が担当してくれますので、準備や実施

に問題はありません。



私の仕事は、情報収集とクライアントの期待値や動向や

人材育成の方向性の確認など意外とテクニカルな検証が

主となります。

そういう努力を続ける事で、次の受託にも繋がりますし

我々側のノウハウの蓄積と能力の研鑽にもなります。



研修専門会社ではありませんので、決められたメニューだけ

実施するのではなく、クライアントへ人材育成や組織戦略の

提言やアドバイスも行う事を心がけています。



例えば、新人や若手向け研修のほとんどは昔からカリキュラム

に大きな変化など無く、ほとんど完成形に近いと私など思ったり

します。



むしろ、学んだ事をベースにして経験値をどのように積み上げて

いくか、涵養、醸成のための支援体制とそれを支える組織風土と

仕組みが重要だと感じています。



研修効果が続かない原因の一つには、もちろん人材育成の

仕組みの機能不全もありますが、多くは研修などを通じて学んだ

やる気やモチベーションを潰していく上司や先輩や風土もあるかな

と経験から考えます。



挨拶や礼儀などマナーを徹底して教えても、配属先の上司や先輩

は朝の挨拶さえ返して来ない、一所懸命外回りをして帰社しても

労いの言葉さえないなど、若手社員が学んだ事が実は不要なんだ

と思うのにそんなに時間はかからないのかも知れません。



若手だろうがベテランだろうが、同じかまの飯を食う仲間の中では

最低限示さ無けれならないものはあります。

そういう意味では、新入社員研修こそ、上司や先輩方がオブザーバー

として自分達のルーキーが何を学んでいるのかを見るべき・参加

すべきだと思うのです。



忙しくてとてもそんな時間は取れないかもしれませんが、それは忙しさ

を言い訳にして人を育てる事を蔑ろにしているだけなのかもしれません。

そしてそんな自分を正当化するために若手社員の不出来を嘆くふりを

するのです。

まぁ、どちらにしても若手社員の成長度合いは、経営者と上司の器に

かかっているのかもしれませんね

↓春爛漫が苦手な私です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新入社員研修から思うこと 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる