福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡市立特別支援学校「博多高等学園」2年生職業教育E最終回 20160311 

<<   作成日時 : 2016/03/11 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、朝方雨が降り続き、後に曇り空から晴れになる

という天気の1日でした。

気温は9℃と一時的でも、冬が戻って来てくれた体感温度です。(^^♪

博多の街は、非常に心地よい冷たい風が吹いておりファットで汗かきで

暑さ湿度に弱い私は絶好調なのです。(苦笑)



今日は、弊社が担当させていただいている軽度の知的障がいを持った

高校生達が通う福岡市立特別支援学校博多高等学園で職業教育

の授業がありました。



現在は2年生を対象に授業を行っており、今日が年間授業の最終回

となります。

この1年間で学んだ事の総まとめと、次のステップへの心構えを弊社の

講師陣が講義と体験型反復練習で伝えてくれました。



3年生に進級すると、より実践的なカリキュラムが控えていますが

我々以上に学校側の先生方と生徒達の取組姿勢の真剣度が

増していきます。



健常者の一般的な就職価値観と違って、就労して社会の一員として

職業人生をおくるという当たり前の事以前に、本当に自分の命を守る

ための就労活動が、本学に入学してから教員達の支援・指導の元に

生徒達は取り組み続けているのです。



人である限り残念ながら保護者の庇護は永遠に続かない訳で

その庇護がなくなった、弱くなった時に健常者のように当たり前の選択肢

が極めて少ない彼らですので、真剣度が普通の学生達と違うのです。



私もこの事業と関わって、ようやく障がい者を支援する学校の授業は

まさに命を守る為の人間教育であるということを先生方の教育者

としての姿勢を見て、わずかながらでも理解できたと思っているのです。



ですが、我々のような外部の専門職能の活用は、やはり行政による

予算内で決められていく事実があるわけで、福祉を含めていろんな

予算削減がブームの外部環境要因には、極めて高い危機感を

持たざるを得ない私です。

正しい事、善き事がわずかな予算に左右される行政の不合理を

感じるのです。
画像

画像

画像


↓わが社の授業では「気合い」も準備物のひとつのようです。♪
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡市立特別支援学校「博多高等学園」2年生職業教育E最終回 20160311  福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる