福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡市立特別支援学校博多高等学園職業教育授業 第1回目

<<   作成日時 : 2016/06/27 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、昨日と打って変わって曇り空が広がり

午後には雨が降り出す天気の1日でした。

出勤時は、心持ち涼しげな風が吹いておりましたが、湿度は

相変わらずの不快指数1000%で、月曜日からアンニュイな

私です。(苦笑)



今日は、弊社が担当させていただいている軽度の知的障がい

を持った高校生達が通う、福岡市立特別支援学校博多高等学園

で職業教育授業がありました。



今日から3年生の第1回目がスタートです。

2年生次から引き続きのため、生徒達とはすでに1年間授業を

共にしてきました。



ですが、大変元気ではありますが変な馴れ合いなど無く

朝から生徒達は高い緊張感を持って授業に参加してくれます。

緊張感と取組意識を生徒達が持続させるのは、外部の専門職能

が関わる効果の一つだと考えます。



障がい者であろうが健常者であろうが、普段いつも一緒に

学校生活を送る間柄では、どうしても無意識のうちに親近感と

仲間意識から来る甘えの様な感覚が生じます。

我々と教員が同じ事を言っていても、外部の専門家の言う事は

結構聞いてくれるものなのです。



コンサルティングでも同じで、経営者が普段から言い続けている

事を社員達は結構聞き流したりしていますが、我々が入る

プロジェクト会議でのコンサルタントの話しは神妙に聞き入って

くれます。



私など会議の終わりに、私の発言と自分達の経営者の言葉

の内容に違いのないことを改めて確認してもらう事もあります。

つまり聞く側の姿勢や感覚が、同じ事を言っていても相手に

よって変わる事を管理職にはわかってもらうのです。



それは教育の世界でも同じで、教員や経営者の資質が

関係無いところで起きるよくある現象です。

組織論やコミュニケーション理論や組織心理学などまなんでも

実際体験してみるとよく理解できます。

まぁ、様は効率と効果を考えながら、外部の力をどう活用・利用

するかの戦略眼だけの話なのですが(笑)
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡市立特別支援学校博多高等学園職業教育授業 第1回目 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる