福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇陛下のビデオメッセージを見て

<<   作成日時 : 2016/08/08 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、安定の35℃超えの真夏の天気の1日でした。

北部九州の気温は、公式で35℃〜36℃との事でしたが

町中の寒暖計では、38℃を指しておりました。

2度見をして、一瞬気を失いかけたファットで汗かきで暑さ湿度に

弱い私です。(苦笑)



今日は多くの国民が耳を傾けたであろう天皇陛下のビデオメッセージ

がありました。

私は、仕事の都合で夕方に拝聴させて頂いたのですが、天皇陛下が

全身全霊で、国民を思い、国を思い国事行為をなさられている事を

改め知ることができました。



このブログでも、仕事の中でも政治と宗教など人の価値観が大きく

影響する話題に関しては、意識的に避けてきましたが、今日は

自分の気持ちを少し記しておこうと思うのです。


実は天皇陛下や皇室に関わる事は、政府や専門家に任せておけば

よい程度に考えていた私は、陛下のメッセージ全文を読むにつれ

心から恥じ入りました。



恥じ入りましたが、天皇陛下が個人としてこのようなお気持ちを

国民に伝える必要を持たれた事に、一国民としてどう向き合えば

よいのか正直難しいところなのです。



陛下のお気持ちを忖度するなど思いもよらないことです。

ただ、いち日本国民として象徴天皇に敬愛の念を持ち

いち日本民族として天皇陛下を畏敬の念でとらえている自分が

ある事は間違いないのです。



メッセージをそのまま受け入れるのが、国民としてのあるべき姿

だと思いますし、また人によってそのままの解釈がちがうだろうし

そして、憲法等法律の問題も立憲民主制の日本人として

守らなければならないルールもあると思うのです。

本当に難しいろことです。



陛下のお気持ちだけで、法律を変えるのがいいのかどうか私には

よくわかりませんが、ニュースで専門家や職業政治屋達の意見

など聞いていると、憲法を盾に議論百戦する国のリーダー層や

知識層のお粗末さだけははっきりとわかります。




守るべき法律を歪曲し、職業政治家達や官僚達は自己利益自己保身

党利党略の為に平気で、ざる法をつくったり憲法改正の議論さえ

先延ばししているくせに、なぜ皇室に限ってこだわるのかが私には

さっぱりわかりません。



小学生が読んでも、憲法と現実のあまりの違いにおかしいと思う

9条など、大人の解釈をどう読み解けばいいのか、大人はどうして

子供達に白い雪を黒いと教える事に恥を感じないのか、今一度日本人

は、国の在り方を一人一人が考える時期にきているのだと思います。




因みに私は憲法改正できる柔軟性が必要であると考えています。

ただ、皇室典範は法律なので改正するだけなら、憲法とちがい

そんなにハードルは高くないと思うのですが・・・・・・



今の自分は、法律の方が悪いのとちゃうかと思ったり、法律は悪くなく

法律を都合で解釈運用する政治家どもの品格の問題だと思ったりと

自分の意見さえ見えない今の自分を知る天皇陛下のメッセージでした。



ただ、天皇陛下がメッセージの最後におっしゃられた

「国民の理解を得られることを、切に願っています。」には日本国民

としてきちんと応えなければならないと思うのです。




また、そういう国民になりたいとも思うのです。

これが今の私の素直な気持ちです。

そして、丁寧語と尊敬語の区別がつかない自分を再発見した今日

なのです。(恥)

↓これが38℃の博多です。(熱い!暑い!!)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天皇陛下のビデオメッセージを見て 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる