福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護事業者向けキャリアパス制度導入マニュアル作成の苦労

<<   作成日時 : 2016/09/11 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、うす曇りの大変蒸し暑い天気の1日でした。

ファットで汗かきで暑さ湿度に弱い私は、暑いのはもちろん

苦手ですが、湿度が高い環境はもっと苦手なのです。



ですから、常に蒸し暑い東南アジアの方々に対しては

心の底から敬意を払っています。

私からしたら、別の肌感覚を持った異星人のようなもの

なのです。(苦笑)



今日は日曜日なので休みですが、起きた時から無性に

何か忘れている感が強く、シャワーを浴びている時には

デットラインが近づいているのに、進捗状況が思わしく

ない仕事があることに思い当り、今日はずっと書斎にこもり

っぱなしです。(汗)



で、その仕事はベンダー経由で行政から委託された介護業界

に対して、厚生労働省の介護保険制度改革の施策の一つで

ある介護職員処遇改善加算を取得させるための制度導入の

ためのマニュアル等の作成です。




介護業界は社会性も公共性も貢献性も高い割には、他の業界と

比較すると、そこで働く職員達の労働条件や労働環境が低い傾向

にあるのは周知のことです。



その低い様々な条件を、働く人々のモチベーションや精神力や

社会貢献度の意義によってカバーしているという、働く側の善意に

依存している業種であると私は認識しています。



もちろん経営側にも根本的な問題もありますが、介護報酬制度下

での利益に天井がある収益構造が、労働条件や労働環境の整備

に大きなブレーキをかけているところが、経営者や事業者がとれる

各種施策の限界を生んでおり、そこが経営側のやるせない本音で

あるとも感じています。




政府も様々な施策を投入しており、先日も介護従事者の処遇改善に

向け、来年度(2017年度)に臨時の介護報酬改定の検討を始めた

と発表されたばかりです。




しかし、社会保障費が国の運営に大きな重しとなっているため

どうしても飴と鞭の使い分けになっています。

しかもムチの方が強い法律や施策の改悪が繰り返されている現状

があるようにも感じます。



そんな制約の中で、2015年度の介護報酬制度改定に伴い新たに

設置された介護職員改善加算制度で、その制度を利用するに

あたり、必須条件であるキャリアパス制度導入・整備のための

基本マニュアル作成が私の休日をなかったことにしたわけです。(苦笑)

↓義兄から頭の栄養素の差し入れが(^^♪
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護事業者向けキャリアパス制度導入マニュアル作成の苦労 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる