福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS コンサルティング第1クール その19 問題意識の共有化

<<   作成日時 : 2016/09/20 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、台風一過の晴天とはならず、朝方まで暴風警報

がなかなか解除されないくらいの大荒れの天気の1日でした。

今回の台風は九州中南部が、大雨で福岡など北部九州は

雨より風がひどかったです。




台風が接近してくるにつれ、南の超湿った風が吹きまくり

台風が過ぎ去ると、今後は冷たい北風が吹きまくるという

台風一過の青空より、北風の方が有り難いファットで汗かきで

暑さ湿度に弱い私です。(苦笑)



今日は、京築地方のクライアントでプロジェクト会議を実施

してきました。

今回の一連のクライアントの中で一二を争う遠方地のため

台風の影響を心配しましたが、無事会議を進める事が

できました。



今日の会議では、プロジェクトチーム内で作業した、自分達の

施設(介護施設)内での様々な問題点の抽出と抽出した問題点

のカテゴリー等仕訳とその結果を解決していく順番をメンバー

毎にプレゼンをしてもらいました。



一般企業の場合は、改めて作業チーム内でプレゼンをする

事は少なく、作業の進行中に作業内容の共有化を自然と

行っていくのですが、福祉や介護業界の職員の場合は、その

作業自体慣れていないため、あえて時間をかけてでもチーム内

の共有化を徹底するようにコンサルティングフローを組んで

います。



そのひと手間をかけることにより、組織改革のフェーズに入った

時に、職員全員に対してプロジェクトの意義ややらなければならない

取組みなどの大義を自信をもって説明できるのです。



常に忙しい業界のため、例え絶対必要な組織改革プロジェクト

で合っても、忙しさを言い訳にプロジェクトの取り組みに対して

無関心であったり、最悪の場合は非協力的な姿勢を取ってしまう

組織成員が多いのです。



自信をもって自分達のために必要な改革を進めるためには

やはり全職員のベクトルの共有が不可欠です。

これは業種業界を問わず同じではありますが、福祉や介護業界

の場合はあえて共有のための準備に相応の時間を取った方が

良いというのが私の経験則なのです。
画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コンサルティング第1クール その19 問題意識の共有化 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる