福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 地方の福祉行政と教育行政に限界を感じた会議

<<   作成日時 : 2017/04/26 18:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、朝から雨が降り続く天気の1日でした。

気温は日の照りが無い分、20℃あたりで暑い体感温度では

ありませんでした。




しかし、これからの雨は湿度と気温の高さを伴い、ファットで

汗かきで暑さ湿度に弱い私が1番苦手な雨となっていきます。

GW前からアンニュイな私です。(苦笑)



今日は、かなり厳しい判断が要求される会議に出席して

きました。

弊社は、特別支援学校で障がい者に対する職業教育の

専門授業を受け持ち、試行錯誤の中、学校側の教員達と

協力しながら障がい者の就労支援に高い成果と実績と

ノウハウを作り上げて来ました。



この関わりは私の中でも、極めて高い社会貢献として

位置付け、年間を通して利益など度外視しながら

弊社講師陣共々頑張ってきたのですが、今期は行政側の

予算が縮小され、どうにも同じ関与スタイルや年間計画の

授業フローで関わる事ができなくなりそうなのです。



学校側もかなり深刻な状況ですが、いち企業(本事業は赤字)

として手弁当で対応する事も難しく、残念ながらより厳しい

経営判断をせざるを得ないかも知れません。



学校長と長年お付き合いいただいている非常に有能で見識

の高い責任者の先生とのやりとりで、この方々の為にも可能な

限り、出来ることは‎何があるかを今一度考えようと思います。



福祉に関連する予算が真っ先に切られるのは、我が国の常態

ではありますが、国政だろうが地方議会だろうが、政務費や

歳費や報酬や、その他議員達が事実上の小遣いとして浪費

している金額のわずか数%でも福祉に割ける事が出来れば

より良い事が沢山できるのにと思うのです。



GWに外遊と称して遊び惚ける議員達を見ると腹立たしく

かつ悲しくなる私です。

所属や立場など関係無く、福祉に関わる人達の善意に寄りかかって

どうにか綱渡り的に成り立っている福祉行政や教育行政の在り方に

どうにも納得がいかない事が多いと私は感じています。



高度な外部専門職能をボランティアで使うなら、まずあんたら議員が

ボランティアで国も地方も政治をやらんかい!!(怒)

と思った今日の会議でした。(苦笑)
画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地方の福祉行政と教育行政に限界を感じた会議 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる