福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 24時間テレビを見て思う事。

<<   作成日時 : 2017/08/28 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の福岡は、朝から何時もの通り非常に暑い太陽光

が照り付ける天気の1日でした。

朝晩の涼しさがという話題は多分12月頃まで聞かれない

のではないかと真剣に思うファットで汗かきで暑さ湿度に

弱い私です。(苦笑)

むしろ、12月頃は気温が積み上げ式に40℃位まで上がる

のではないかと本気に心配しております。(アホですなw)




昨日の24時間テレビやカウンターパート役のEテレなど

障がい者に関する話題がどうしても目につきます。

私自身は、行政側に立ってますが障がい者と関わりを

持つ機会も多いのですが、テレビを見ながら障がい者の

幸せって何だろうと改めて考えるいい機会でもあります。



肢体不自由と知的障がいなど抱える障がいの内容によって

ご本人も家族をはじめ地域社会まで周囲の関わり方や

考え方は変わると思いますが、定期的に障がい者の

方々や関わる社会の情報を得る機会を持つ事はいい事

だと私など思うのです。




確かに民放は商業放送ですので、障がい者と感動を結び

つけていろいろなビジネス上のやり取りが水面下である

のかもしれませんが、それでも世間の意識が向く事は

例え是々非々的な議論であっても意義があると感じます。




自分自身が障がい者と関わる事が多いなか、今まで一番

気になってきたことは、障がい者に対して世間が無関心に

なってしまう事です。




無関心であったり、忘れ去られる存在に、無理矢理置かれる

のが一番辛くて怖いと考えています。

福祉事業者の経営指導などで施設に訪問すると必ずその

立地は街なかから遠い場所で、社会と途絶された環境である

のは決して言い過ぎではありません。



特別支援学校で話を聞くと、やはり地域住民との関係性の

構築に関わる付帯業務が本来の注力すべき教育と同等以上

の労力が係るのもよく耳にします。




24時間テレビが終わると世の中はまた無関心か情報過疎

に戻るのは間違いないと思います。

それでも来年またこのような機会が訪れる事で、障がい者に

思いを寄せたり、もろもろの問題や課題を世間に意識させる

だけでも意義があると私など考えるのです。



何が正しくて何が間違っているのかはよく分かりませんが

無関心であったり忘れ去られた存在である事がどれほど

悲しい事であるかは、障がい者や福祉と関わる中で感じて

いる事実なのです。



来月には、特別支援学校で教鞭をとる教員向けに講義を

する事になっています。

教える人に教えるのが一番大変ですが、講義の下地の

気持ちを再度自分の中で整理をしようと思う一日でした。

↓暑いので休憩ばかりしています。(苦笑)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
24時間テレビを見て思う事。 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる