福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮ミサイル発射に思う事

<<   作成日時 : 2017/09/15 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝また北朝鮮がミサイルを発射し、日本国内が

緊張しました。

ニュース速報を見ながら、これから先何度も同じ状況が

続くと、またかとすぐに日常に戻り、そのうちJアラートや

速報ニュースすら、意識の外においやり、呑気に日常を

過ごす我々が簡単に想像できます。



良くも悪くも、そんな国民性というか民族性を持った

日本人であることと、アヒルの穴意識が高い島国の未来

を国際社会の動きを見ていると強く危機感を思う

今日この頃なのです。




国際社会の対応を見ていると、なあなあの希望的観測で

対応している状態は、かつてナチスドイツが初期の頃に

同じ様に恐る恐る他国に侵略を始め、ヨーロッパを始め

国際社会が話し合いや国家間の約束で事が収まると

信じて時間を無駄にし、結局ナチスドイツはその間に

軍事的な力と間違った自信をつけ、最終的に世界を

巻き込んだ大戦争に突入した時と今の状況は変わらん

のではないかと私などは危惧するのです。



アヒルは穴に首を突っ込んでいると、外敵が見えず安心で

あると思い込み、外敵からは首以外の体全体が丸見えで

しかも動かない絶好の餌状態で、簡単にアヒルの命を奪う

ことが出来るという戒めと、今の日本は同じかも知れない

と思ったりします。



平和憲法は私も大事ですが、9条を掲げていれば

安心であると言うのは、アヒルの穴と同じではないかと

考えるのです。

1940年代にヨーロッパで起きた事が2010年代に

アジアで起きていると思うと小心者の私など

震撼します。



私はかつて外資系で勤務していた時に、同じグループ

の他国の人事担当者から中東の社員が戦争に

行ったとか、戦死したとかの報告を聞いた事があります。



そのときは単に遠い外国の話だと聞き流して

いたのですが、報告の人事サマリーを読んだ時は

遠い外国の話ではあるけど休暇扱いで出兵した

まごうことなき同じ会社に勤める同僚である事を

意識したのを、今日思い出しました。



当然その社員とは面識もあるはずもないですが

平和な日本で外国人の同僚が戦争で戦っている

事実を知った時でもあります。



正直どうすればいいのか私にはわかりませんが

有史以来、戦いをやめない人間という種の業を

感じざるを得ないミサイル発射の今日の私の思いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮ミサイル発射に思う事 福岡ではたらく人事コンサルタントのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる