猛省だねw

今日の福岡は、曇り空の天気の1日でした。

気温は24℃もあり、湿度の高さと相まって

ファットで汗かきで暑さ湿度に弱い私は

モチベーションの下がる今日この頃です。(苦笑)



今日は、GW後のスケジュール調整のあと

時間に余裕がありましたので、知人が人事系

の役員をしている会社に伺いました。



今年採用の新入社員の離職がすでにあり

長いGWを考えると何か対応が必要かなどと言う

まぁ愚痴を聞くパターンです。(笑)




知人は人事マンとして、私も見習うスキルと器を

持った方ですので、アドバイスなど必要はなく

世間話のレベルのやり取りです。



彼は役員ですので、常に経営側に立って戦略を

遂行されていますが、同時に社員側にも立って

人事を進めるバランスのある専門職です。

もちろん社員達にも慕われています。



たまたま、彼の上司が応接室に入ってきて

うちの人事は離職者を出す採用眼が節穴なので

よきアドバイスをしてやってくれと、挨拶がてら

苦言を言われました。




もちろんジョークレベルと理解して普通に挨拶を

しましたが、心の中ではもし彼の人事スキルが

低いとおもうのなら、その節穴な役員を重要な

人事に添えている社長が一番節穴ですね。と

強烈に思いました。

心の中でです。(苦笑)



取引があったり、顧問先だったりすると諌める為に

キツイ諫言を言うこともコンサルタントの役目ですが

そんな関係でもないので、笑顔で大人の対応で

済ませました。



知人は愚痴聞き代として、お昼ご飯をご馳走

してくれましたが、彼の言った辞めていった社員を

安易に悪者にしないとの言葉が心に残りました。



上級職にある者は、他責に走ったら終わりだと

思う今日の私でした。

それにしても早期の離職の問題は中々難しいと

思いながら、 原因の一端を若者世代の価値観と

安易に作業で関わるキャリア専門職の責任を

問うまさに他責の心を持った私です。(猛省)

↓暑さを避けてバスと地下鉄に頼る日々です。(苦笑)
画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック