リクナビの是正勧告会見を見て思った事。

久し振りに自己主張をw

昨夜、リクナビ運営会社社長会見を見ていて

思ったのですが、政府の個人情報保護委員会

から是正勧告と指導が出たわけですが、流石は

リクルートと思われるような小難しいシステム

の話しやマーケットが望んでいるかのような

やり取りに思わず苦笑してしまいました。



私も過去人事採用部門で長くリクルートの

サービスを使ったり、営業マンから採用動向

の情報を得たりしていました。



また、人事系コンサルタントとして独立後は

行政主催で、大学や高校、企業向けのセミナー

や各種事業に関わってきました。



その中で、リクルートの事業姿勢は企業に

対して最近の学生の就労価値観や求職スタイル

はこうですよ、このような面接手法やサービス

が有効ですと事業展開して、学生や学校に

対しては、最近の企業の人事はこのような対応

がメジャーで採用面接時はこのようなサービスを

使って望むのがベストですよと、まさに双方の

弱みにつけ込んだマッチポンプ手法だとかなり前

から強く感じておりました。



これはリクルート社だけでなく、大なり小なり

就職や採用を事業活動している企業の営業活動

パターンだと思います。



もちろん企業側が自助努力せずに採用を

丸投げしている責任は問われるべきだと

思いますし、未だに高度成長期に効果が

あった日本型新卒一括採用方式を時代背景

が全く違う現在でも続けている事にも

問題はあるかとも思います。



そんな事情を百歩譲っても今回の学生の

基本権利を食い物にするやり方はやはり

許せませんし、いかにもリクルートらしい

やり口だと感じます。



昔、大手証券会社が企業の信用や売上など

関係なく、自分たちが指した銘柄が上がる

んだ、自分達が経済マーケットを動かして

いると上から目線の不遜な営業を続けて

いたのと同じで、採用や労働市場は

リクルートが動かしているという心根が

あるんだと思う会見でした。

私見でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント