プロジェクト会議11回目

今日の福岡は、晴れたり曇ったりの

天気の1日でした。

気温は33℃で、関東地方などかなりの

高温らしく、ファットで汗かきで暑さ湿度

に弱い私も高温多湿です。



今日は、筑後地方の大型社会福祉法人で

プロジェクト会議でした。

組織能力向上を目指した研修で1年間

関わり、コンサルティングで関わり始めて

半年近くになります。



今回の会議では、もちろん現在進めている

プロジェクトのテクニカルな進行もあります

が、上半期の総括をメンバー全員で実施

しました。



メンバー個々人のノウハウの習得と組織人

として、医療・介護専門職としての成長感

と経営層の法人全体の組織能力向上の

ための取り組みについて意見交換などを

行いました。



私が医療・介護・福祉業界でここ10年近く

コンサルタントとして関わってきて、気づいた

事は、業界ではプロジェクトや委員会を

立ち上げて、いろんな取り組みをする事業者

は当然多いのですが、その進行管理が意外と

雑だったりする事です。



業種業界問わず、進行管理の肝はやはり

進捗管理とオフィシャルなタイミングでの

全体と個々のレビューと共有だと考えて

おります。



任せっぱなし、やりっぱなしにせずに

情報の開示と共有、個々の取り組みへの

共感をいかに進めるかが、組織内での

信用信頼を強化できるかの要だと

私など思います。



現在は我々外部の専門職能がけん引

しながら習慣化していますが、いずれ

出来るだけ早い時期に、外部の力を

借りなくても、自分達の当たり前の

ノウハウとして確立していくのが

下期のコンサルタントとしての私の

上期を終えてのレビューだと思います。

良き人材が揃っている本クライアント

だからこそ実現できることなのです。
IMG_20190718_1244036.jpg

この記事へのコメント