入院日記の第2弾です。② 再入院してしまいました。(;'∀')

今回の入院は前回入院時からさほど日が立っていないので、入院生活的には院内や

他の患者や医療関係者等への関心も余裕を持って見ることができました。

まぁ、入院のプロ状態です。(苦笑)



前回は急性期病棟だったので、患者の皆さん術後直ぐの状態か明日手術します的な

方ばかりですので自分の事で精一杯で、まわりをみる余裕もない感じでした。

で、今回は最初から一般病棟でしたので、今回は沢山の病室の半分くらいが

じいちゃんやばあちゃんなどでまるで療養型病棟の様相でした。



つまり、夜中に叫び声を上げたり、看護師さんらに無理を言うのを日課としている

方やナースコールボタンをまるでテレビのリモコン程度に思っている様な患者が

結構な数いたようです。



もちろんわざとしているわけではなく、老齢や加齢からそういう状態や症状になって

いるので一般的な病状で入院している患者も付き合っていくしかないわけです。

最初は寝れへんやんけ、落ち着かないやんけ、イライラするやんけなどと思わないでも

なかったのですが、思ったところでどうなるわけでもなく結局は自分の気持ち次第と

考えるようにしました。(汗)



しかし、同室のじいちゃんがあまりにも自由人のため流石に病院側が配慮してくれ

途中で病室を移動させて頂きました。

最初の病室は4人部屋で私以外の患者は皆さん高齢者で、くだんのじいちゃんが

騒いでも他のじいちゃん達は我関せずでした。



ある意味年齢的に達観している様に思えたのですがどうも気力がなかっただけの

様でした。(汗)

今回の入院では、老いるという事を勉強させて頂いたと思っています。

移動先の病室は年齢も病状も様々ですが皆さん楽しい大人の方々でかなり居心地の

良い入院生活になりました。



まるで寮にでもいてるような感覚です。

わがままも言わず、たいていの事は自分でするのでナースコールもなることが

少なかったです。



実際、看護師さん達も仕事をしながらこの部屋は休憩できると結構長居しながら

世間話などをしていくくらいです。

まぁ、いいのか悪いのかわかりませんが・・・・(苦笑)
IMG_20210326_2049154.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント