福岡市立特別支援学校「博多高等学園」職業教育授業3年生4回目 最終回

今日の福岡は、晴れの天気の1日でした。
気温は20℃超えと先週とは違いファットで汗かきで暑さ湿度に弱い私はとてつもなく暑さを感じております。
夏服で十分です。(苦笑)



今日は弊社が担当させて頂いている軽度の知的障がいを持った高校生達が通う福岡市立特別支援学校博多高等学園で職業教育授業がありました。
対象は就職活動まっただ中の3年生達です。
すでに内定を獲得している生徒もいますが、障がい者の就職試験は卒業ギリギリまで続きます。
彼らの卒業後の進路は大きく分けて、一般企業への就労と就労移行支援の福祉事業者への入所に分かれます。
博多高等学園は、一般企業への就労を目指す戦略校なので比率的には当然一般就労が多くなっています。



我々が関わる職業教育授業は就労への入り口が支援の中心ですが、数年前より入社後の職業人生をどのように生きていくかが大きな課題でもあります。
つまり、健常者のように中途離職しても次のチャンスが容易(あくまでも障がい者に比べて)につかめないため、特に早期の離職の問題が彼らの職業人生の選択肢をかなり狭めてくるのは事実です。
採用する側の企業は長く働いてもらいためにいろんな努力をしてくれていますが、障がい者の入社後のキャリアアップの施策は中々難しいものがあるのではないかと思うのです。


特別支援学校等の役割は当たり前ですが在校生への支援が中心で卒業後の支援はやはり課題が大きく、このあたりは企業側の自助努力と行政側の支援が必要不可欠であるのは言うまでもありません。これに障がい者のご家庭の役割も大きく関わってくきます。
様々な課題を考えながら3年生最後の授業を実施させていただきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント