介護事業所で夜間研修を実施してきました。

今日の福岡は、雲の多い天気の1日でした。
気温は最高が7℃で、ファットで汗かきで暑さ湿度に弱いは絶好調です。(苦笑)
特に最近ウオーキングを明け方からスタートしていますので、超絶の寒さを楽しんでいる今日この頃です。(苦笑)



今日は、福岡市が進めている介護業務効率化支援事業で、当該介護事業所にて夜間研修を実施してきました。
研修内容はヒューマンスキル系のカリキュラムとなります。
介護業界では、いわゆる3大スキルのうちテクニカルスキル(介護や医療の専門能力)を高める取り組みは高いレベルでどの事業者も実現されています。
勿論、国の指導による法定研修が中心ではありますが、職員への専門能力の付与や習得は外部から見ても安心レベルであると私など思っています。



しかしながら、組織を維持・発展させていったり、職業意識を高めより良き職業人生を送っていくために必要とされるヒューマンスキル系への取り組みは残念ながら皆無に近い状況だと考えています。
高い専門能力を持つだけでは意味がなく、その能力を発揮するためにはチームワークや組織能力の支援や自身の組織人としてのありようなど、テクニカルスキルでは学びえない力が非常に重要なのです。
介護や医療や福祉に関わる職員達のヒューマンスキルがないのではなく、そのスキルを学ぶ機会がないだけなのです。
これは施設や法人や業界の制度や仕組みの問題であり、経営者の責務でもあります。



はじめてヒューマンスキル系研修を受講された職員達は、勤務明けの時間帯ながらわいわいがやがやと研修そのものを楽しんでくれていたようです。
人が人に関わる介護業界では「人材格差が施設間格差」であり、その格差がそのまま法人の経営評価にもつながるのは自明の理であり、その取組の一端が今日の研修であると思いながら登壇させて頂きました。
IMG_20220112_1846212.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント