令和4年博多祇園山笠「飾り山笠」巡り① 十番 十六番 十七番

博多の街は令和4年博多祇園山笠で賑わっております。 市内各所で長法被の男衆が見られるので朝から晩まで祇園山笠を感じられます。 福岡に来た時から明け方のフィナーレである「追い山笠」には寝ずに見学に行っていましたが、ここ数年は年齢と体力的についていけず、もっぱらテレビ中継での見学になっています。(汗) 【十七番 新天町】 その代わり、「飾り山笠」は毎回仕事を抜け出してw市内を駆け…

続きを読む

いよいよ2年ぶりの博多祇園山笠がスタートします。

いよいよ明日7/1から2年連続で延期になっていた「博多祇園山笠」がスタートします。 今年でなんと781年の伝統があるそうです。 誰もが知っている勇壮な曳山の前に飾り山笠が明日から見れます。 私的には静と動の山笠スタイルの中で静の飾り山の方がどちらかというと好きです。 ようやく無料配布のガイドブック(主に駅などで配布)を入手できました。 いつもこのガイドブックを見ながら山笠見学で…

続きを読む

令和3年 山笠 感動をありがとう!

令和三年度の「山笠」も明日15日の未明で無事終了です。 多分「飾り山」は夕方から深夜にかけて取り壊しを始めるのでしょう。 残念ながら「舁き山」は今年もコロナ禍のせいで延期となりました。 非常に残念ではありますが、その代わりに例年はどうしても「舁き山」の方ばかり目が行ってしまいますが、今年は「飾り山」を丁寧に見る事ができる「山笠」となりました。 私は毎年市内で無料配布される…

続きを読む

令和3年 山笠「飾り山」巡り ①

博多に住んでいると「博多祇園山笠」は毎年楽しみにしているのですが、今年もコロナ禍の為延期となりました。 しかし、「舁山」はありませんが「飾り山」は市内各所で実施され山笠の雰囲気は楽しめます。(感謝) で、仕事の合間や休みを利用して飾り山巡りを今年も実施する私です。 雨や暑さや湿度にやられますが、これだけはやめられないのです。 四番 東流 十番 博多リバレイン …

続きを読む

コロナ慣れ? (博多限定の注意喚起方法を見つけたw)

今日の福岡は、晴天の天気の1日でした。 気温は昨日より4℃も上がり、14℃でファットで汗かきで暑さ湿度に弱い私は 強い太陽光にあぶられて暑いです。(苦笑) 朝の放射冷却が懐かしい・・・・ 今日は、資料のやり取りと情報収集(まぁ、営業ですな)が終わり昼食をとる と直ぐに帰宅しました。 まぁ、帰宅してから在宅勤務で原稿作成にかなりの時間と頭脳を使い普段…

続きを読む

山笠グッズ頂きました。(^^♪

今日は、授業で担当している学校で 嬉しいプレゼントを頂きました。(^^♪ 私が博多山笠の大ファンであることを 知っている学校側から今年の山笠の 記念品を頂きました。(感謝) 担当の先生が異動で変わられても毎年 気を使って頂き、学校から何某かの物 を譲ってくれるのです。 しかも学校ということで、山笠に参加する 先生や地元民…

続きを読む

忙中閑あり(超自己解釈w)

今日の福岡は、霞がかった晴れの天気の 一日でした。 気温は30℃まで上がり、梅雨の湿度と 相まって、ファットで汗かきで暑さ湿度に 弱い私は、どうにもこうにもあかん状態です。 (苦笑) 今日は今月からの忙しスケジュールの 前倒し作業となりました。 来週も登壇するセミナーの内容の詰めを 行っておりました。 ですが、…

続きを読む

博多祇園山笠(これが山笠たい!!) その4

ここ数日、梅雨末期の大雨に見舞われている福岡博多ですが、この大雨の 中でも「山笠」は着実にお祭りのフィナーレに向かって動いております。 今日の山笠の行事は、「集団山見せ」です。 「集団山見せ」は、商人町・博多で生まれた博多祇園山笠の舁き山が城下町 福岡に乗り入れる唯一の行事だそうです。 福岡は、非常にコンパクトな街なのですが、商人と武士の棲み分けが街中に …

続きを読む

博多祇園山笠(これが山笠たい!!) その3

今日の福岡は、昨夜からの大雨(豪雨ですな)で超ドンヨリなスタートです。 今日の山笠は「追い山ならし」の日です。♪ 山笠が走る距離は、フィナーレの「追い山」より短いですが、本番さながらの 盛り上がりを感じる、所謂「慣らし運転」をする日です。 大体、各「流(古い町内の集合単位)」の参加人数が800名~1000名と聞い てますので、福岡市内の会社では結構な人数が有…

続きを読む

博多祇園山笠(これが山笠たい!!) その2

博多祇園山笠は、市内各所に飾り山(動かいない)と舁き山(疾走する)の 2種類あります。 流(昔の各町内が集まったような単位)の中には両方を持つところもある様 です。 飾り山は、表と見送り(裏)があり、表は合戦や武者もの、見送りにはテレビや 童話などを題材にしたものが飾られているみたいです。 そして今まで知らなかったのですが、山笠を収納している山小屋は全…

続きを読む